歯医者が行なう口腔内治療|矯正歯科の歯並びリフォーム

病室とコップ

インレーを使った治療法

医師

吉祥寺など多くの地域の歯科では、虫歯への治療法として詰め物を使った方法を利用しています。吉祥寺の歯科は虫歯菌によって溶かされた箇所をインレーと呼ばれる詰め物で埋めて治療を行なうのです。虫歯菌は口内の食べかすなどをエサにして栄養を摂取します。その際分泌される強力な酸が、歯の構造を溶かしてしまうことで、虫歯による症状は現れてしまうのです。歯の表面を溶かされた程度の虫歯であれば、フッ素を塗布することで治療が行なえます。歯の再石灰化によって溶かされた箇所は修復されるので、問題となることはありません。しかし歯の奥深くまで溶かされてしまった場合、再石灰化による治療で元に戻すことはできません。放置すれば歯ブラシも届きにくい歯の内側で虫歯菌が繁殖し、歯の神経を刺激し強烈な痛みを発症させてしまうでしょう。そのため、吉祥寺の歯科では虫歯のある箇所を削り、詰め物を行ないます。虫歯菌の開ける歯の穴は小さいものであるため、きちんと詰め物を流しこむためには歯を削る必要があるのです。また、虫歯菌によって侵食された箇所を削ることで、同じ場所から虫歯が再発することを防ぐこともできるのです。インレーを虫歯のある箇所に詰めることで、歯の見た目が改善されるほか虫歯のリスクを低減させられるでしょう。

歯科が使用するインレーは、特別な樹脂でできたものです。白く美しい樹脂であるため、天然の歯と遜色はありません。また安全性についても高い効果があり、施術後に体へ悪影響をもたらされることもないのです。吉祥寺が治療で用いるインレーは、耐久性も非常に高いものとなっています。天然の歯と変わらずものを咀嚼できるので、多くの人に虫歯治療のために使用されているのです。銀歯などでの治療において、メタリックな様子が気になるという人であれば、このインレーでの治療を利用してもよいでしょう。

Copyright© 2016 歯医者が行なう口腔内治療|矯正歯科の歯並びリフォームAll Rights Reserved.