歯医者が行なう口腔内治療|矯正歯科の歯並びリフォーム

病室とコップ

歯周病への治療法

病院

虫歯の他にも気をつけなければならないのが、歯周病の問題です。吹田の歯科では歯周病への治療も行なっているので、歯茎の腫れや出血が見られる場合、速やかに吹田の歯科へ診察を受けましょう。歯周病とは、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間に歯周病菌が入り込むことで発症するとされています。歯周ポケットは歯磨きでもブラシが届きにくいので、毎日しっかりと歯磨きをしているという人でも発症するリスクのあるものです。歯周病菌を放置し続けると、歯茎の炎症によって歯が抜け落ちやすくなります。炎症を起こした歯茎は、ダメージによって次第に後退してしまうものです。歯を支える歯茎が後退するため、不安定な状態となった歯が抜けやすくなってしまうのです。歯周病は毎日のブラッシングでも改善しにくい病なので吹田の歯科など歯周病への治療を行なうクリニックへ受診しましょう。早めの治療を受けることで、歯が抜けてしまうリスクを避けられるでしょう。

吹田の歯科では、歯のクリーニングと治療薬の塗布によって歯周病への治療を行ないます。歯のクリーニングでは、歯周ポケット内の歯垢と食べかすを除去し、同時に歯周病菌の殺菌も行ないます。重度の歯周病であれば、歯茎を一部切開し歯垢や歯石を取り除く治療法も行ないます。歯をクリーニングすることで歯周病の進行を抑制し、治療薬を塗布することで歯のダメージを抑制します。歯周病で用いる治療薬は、歯茎の炎症を抑制する作用があります。薬の抗炎症作用によってダメージを抑え、歯周病によって歯が抜けてしまうことを防止するのです。吹田の歯科では、他にも投薬によって体の抵抗力を高め、歯周病を改善する方法も行ないます。歯周病の再発を抑えると同時に、歯周病菌によって引き起こされる全身病のリスクも抑えられるので、高い治療効果が得られるのです。

Copyright© 2016 歯医者が行なう口腔内治療|矯正歯科の歯並びリフォームAll Rights Reserved.